NEWS

林屋茶園 季節とお茶の話

2019年6月20日 (木)

カテゴリー: ,

飲食事業部、林屋茶園です。

最近は急に気温が上がったり、梅雨空の合間に夏の日差しを感じる事がありますね。

それもそのはず、6月21日は二十四節気の「夏至」にあたります。

夏至とは・・・?

二十四節気とは1年を24等分にし、それぞれの季節の節目を示す言葉として使われています。

「夏至」は1年で一番昼が長い日の事で、

太陽が一番北よりから登り、12時に空の最も高い場所を通って1番北寄りに沈みます。

そのため太陽が出ている時間が長くなり、その分だけ夜が短くなります。

ちなみに一番昼が短い「冬至」と比べると昼の時間は5時間程の差があるそうです。

江戸時代に太玄斎が記した暦についての解説書「暦便覧」においても

「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以ってなり」と記されているそうです。

この頃から夏至が日が一番長い日であった事が伺えます。

暑い夏にはお茶!

そんな暑くなり始めたこの季節に抹茶はいかがでしょうか。

抹茶と、他のお茶を大きく分けるのは飲み方です。

煎茶や、ほうじ茶などは茶葉をお湯に浸出して、その水溶液を飲みます。

茶葉の栄養素は水溶性のものばかりではないので、残った葉にはそのまま栄養が残ってしまいます。

それに対して抹茶は茶葉を石臼で挽いてから、その全てを頂く事になります。

そのため、栄養素を余す事なく摂取できるのです。

成分はカテキン、食物繊維、βカロテン、ビタミンB、C、E….と栄養素のデパートです。

大さじ一杯の抹茶には、抗酸化物質であるβカロテンはピーマンの8個分

食物繊維はゴボウ一本分もあるんです。

そんな抹茶ですが、林屋茶園では店内で飲むことはもちろん、

ご自宅用の抹茶もお取扱いがございます。

店内でも抹茶としてお出ししている「天下の昔」です。

もちろんオンラインショップでも販売しております。

暑い日には抹茶を水で点てて、氷を浮かべれば冷抹茶としても楽しめます。

ぜひお試しくださいませ。

林屋茶園 目黒セントラルスクエア店

住所 東京都品川区上大崎3-1-2

目黒セントラルスクエア1F

電話番号 03-5447-5310

営業時間 10:00~22:00(ラストオーダー食事21:00 甘味ドリンク21:30)

京はやしやホームページ

http://www.kyo-hayashiya.com

ぐるなび

https://r.gnavi.co.jp/946cbe130000/

林屋茶園では一緒に働くスタッフを募集してます!

林屋茶園では一緒に働いてくれるスタッフを募集しています!

お茶のインストラクターがいますので、お茶の勉強はもちろん、料理も本格的に習えます!

目黒のおしゃれなカフェで一緒に働きませんか?

採用、リクルートページはこちら!!