NEWS

【キッズパスポート】さぁ夏の準備!サマースクールはもうすぐ!

2019年6月3日 (月)

カテゴリー: ,

HELLO!!  Kidspassportです!

5月が終わり6月がいよいよスタートしましたね。

5月と言えばGWがあり、それが終わると次の長期休みは1年でも一番長い夏休み!が始まります。

ということで6月になるとキッズパスポートでは、サマースクールの受付・準備がスタートします。

すでにサマースクールのご利用希望のお問い合わせも増えており、ここ数日間は無料体験のご希望をされる生徒さんにほぼ毎日来ていただいております。

朝から夜まで最大12時間のお預かり

通常のレッスンは午後2時〜19時までですが、サマースクールを含む長期休暇中は少し時間が変わります。

最大で朝8時から夜8時まで、12時間のお預かり、英語漬けの環境をご提供しております。

Kidspassportをご利用される生徒さんの保護者様の中には、共働き家庭の方もたくさんいらっしゃいます。

そこでお悩みになるのが、生徒さんの預け先。。。

 

「学校の学童もあるけど、その時間をもっと有意義に利用することができないかな。。。」

「お弁当を毎日手作りするのは大変。。。」

 

等、こどもたちにとって楽しいことばかりの夏休みも保護者様にとっては、悩みの種が増える、、、というのも事実。

そんな保護者様や生徒さんたちにとって、ご利用しやすいサービスを提供しながら、英語に楽しく触れてもらう!!

というのがキッズパスポートのサマースクールです。

そんなサマースクールの特徴的なサービスとしては、、、

1、朝8時からの前延長

午前中のレッスンが始まる午前9時からでは、出社に間に合わない。。。という保護者の方も多く、キッズパスポートでは午前8時から前延長を承っています。

2、手作りランチでお弁当いらず

普段は学校で食べるのは給食。キッズパスポートのサマースクールでは普段とは違うお友達と一緒に手作りランチを食べることができます!このランチはほとんどの生徒さんがご利用される人気のサービスとなっています。

みんなで食べるとなんだか普段以上に食べれちゃう!!

3、午前中のイベントで夏の思い出をつくろう!

そして午前中(9時〜13時まで)の時間は毎日かわるがわる様々なイベントを開催します。

サマースクール恒例のウォーターデイは一番人気のイベント。ずぶ濡れになってお友達や先生たちといろいろなゲーム、バトルで大盛り上がり!

ムービーデイも人気のイベントです。大画面で字幕なしの映画を見ながら、ポップコーンを頬張ります。リラックスしながらみる映画は夏の思い出になること間違いなしですね。

もちろんクッキングデーもあります。今年のサマースクールは何作りにチャレンジするのかな?自分たちで作ったものを食べるのは一味違いますね。

スポートデイは男の子に大人気。広いスクールを使っていろいろなゲームをして楽しみます。自分のチームの応援にいつも以上に熱が入りますが、一番の盛り上がりは先生たちを倒すこと!?

Craft(クラフト)では、毎回何ができあがるか楽しみ!先生の説明を見聞きしながら、自分が考えたデザイン、カラーを使ってオリジナルのクラフト作りにチャレンジします!

英語に触れる時間が一気に増えるサマースクールで英語力がぐんと伸びる

午前中のイベントに加えて、通常のレッスンも開催しているサマースクール。

普段は学校が終わりレッスンに参加するのが午後3時〜4時台ですが、サマースクールは午後2時台から英語で過ごすことができます。

その分、英語を聞く、話す時間はぐんと増えるので、夏休みが終わるとぐんと英語力がアップする生徒さんがたくさん増えます。

自分たちではなかなか気づかないですが、先生たちがネイティブと同じスピードで話す言葉についていけるようになったり、Yes,Noだけで答えていたことが、I like ~, I want 〜等、自分の意思表示をセンテンスで言えるようになったりしていきます。

理解しながら覚えていくことはもちろん大事ですが、とにかく英語に触れながら、英語でいろいろなアクティビティを行うことによって身につく英語は子どもたちとって大きな財産となります。

楽しみながら英語を身につけていく

理想の環境をキッズパスポートのサマースクールでは提供をしています。

先生たちが手作り

先生たちは空いた時間を使って、サマースクールで行うアクティビティのトライアルをしたり、ゲームで使う備品を手作りしてみたりと試行錯誤をしながら、

 

生徒さんたちにどのように楽しんでもらうか?

どんな材料が必要か?

どのようなな英語表現を身につけてもらうか?

 

と先生たち同士で意見を交わしながら準備をしています。

いまからどんな思い出をつくることができるか?楽しみですね。

そんなサマースクールは特設ページはこちらからご覧ください。