NEWS

「ぽとふ」というネーミング♪

2019年5月9日 (木)

カテゴリー: ,

こんにちは、ぽとふ保育園です。
突然ですが、ぽとふのネーミングの由来についてみなさんご存知でしょうか?

今回はその『ぽとふ』の由来やそれに込められた想いについてお話しします。

「potoph」   に込められた想い。

『子どもたち一人ひとりの個性を伸ばす場所』
◆多くの子どもたちがひとつの園に集まり、それぞれの個性を伸ばせる場所に。

『多くの方に覚えやすい名前』
◆子ども保護者の方、地域の方々に親しみやすい名前・気軽に入ってこれる場所に。

『子どもたちの成長の記録、園での様子を、多くの写真と一緒に残していく』
◆ぽとふ“potoph”の最後の2文字“ph”は写真の『photo』の頭文字からとっています。

この3つ目の『photo』に今回は注目
先月の新年度を迎え、茅ヶ崎・大和の同時開園をいたしまして、ぽとふ保育園も伊勢原からスタートし海老名・上今泉・厚木と早くも6園になりたくさんの子どもたちを迎える事が出来ました!

各園では、日々の園内での製作や遊び、毎日の元気なお散歩、おいしい給食やおやつ、みんなが楽しみにしている行事や毎月のお誕生日会などをする中で1日当たりなんと!約50枚前後の写真を撮っているんです!
子どもたちの自然な笑顔や真剣な顔、時には泣き顔など様々な表情やシーンを写真に残しています。

また、その写真を保護者の方々向けへの閲覧や販売もいていて、保護者の方々には普段、家庭では見られない子どもたちの姿を見ることが出来たり、子どもたちの意外な成長もその写真を通して見て感じてもらってます!

先に4月の大和・茅ヶ崎の施工の記事を書かせて頂きましたが、茅ヶ崎園の入口アプローチにもこの『photo』にちなんで、ぽとふならではの拘りある内装になりました!

では、ご覧ください!

如何でしょうか?

この写真館のような茅ヶ崎園のアプローチ!
茅ヶ崎園の子どもたちや保護者のみなさん、職員も完成時は驚きの声があがっていました!
施工業者の方にも腕を振るって頂き『potoph』に込められた想いの1つを形に出来た園になりました♪

この想いや拘りをいつまでも忘れず、明日も皆で楽しく元気よく過ごします♪