NEWS

【目黒駅徒歩1分の和カフェ♪】食事メニュー紹介☆和食グルメ

2019年4月24日 (水)

カテゴリー:

こんにちは!

林屋茶園目黒店の小野です。

目黒では一年で一番賑わう目黒川のお花見シーズンが過ぎ、落ち着きを取り戻していますが、もう直ぐゴールデンウィークということもあり、また慌ただしくなっています。林屋茶園は京はやしやという京都を本店とした和カフェのお店で、全国に10店舗ありますが、その中で弊社は目黒店のみ暖簾分けで営業しています。主にお茶と甘味のお店ですが、当店では食事メニューにも力を入れていて、本来のお茶と甘味以外にもお食事を召し上がって頂くように料理にも力を入れています!

そんな料理メニューを少しご紹介していきます。

 

昆布、鰹、煮干しで毎日だしをとり、林屋茶園のルーツである京都を味わって頂く「京風うどん」

だしを毎日取って、秘伝のかえしで味を決めています。

京風の代名詞である九条ネギとごぼう天を乗せて仕上げに柚子皮で香りを立てています。あっさりしながらも出汁の香りと甘みを感じて頂ける一品となっています。林屋ならコレ!という逸品です。

林屋オリジナル!黒豆粉をかけてあっさり仕上がった「チキン南蛮 黒豆の香り柚子胡椒タルタル」!

24時間以上漬け込んだチキンを揚げて、外はカリッと中はジューシーに仕上げています。黒豆パウダーを振りかけて林屋オリジナルテイストに仕上がっています。

余談ですがキチン南蛮って宮崎県出身の鶏肉料理なんですね。
宮崎といえば地鶏、鳥料理が有名で、その発祥の延岡市は「チキン南蛮発祥の地」とされているらしいですね。

チキン南蛮(チキンなんばん)は、宮崎県発祥の鶏肉料理。鶏南蛮(とりなんばん)とも呼ばれるが、同名の蕎麦料理(かしわ南蛮)とは異なる。(wikipediaより)

 

料理長はフレンチ出身で弊社ビストログリとニルでもヒット商品を開発してくれた彦坂料理長!

現在の料理長はフレンチで修行を積んだ彦坂料理長です。弊社のビストログリとニルでも腕を振るって頂き、現在は林屋の料理開発に腕を振るって頂いている弊社のスーパーシェフです。

彦坂料理長に今までの経験からオリジナルテイストを足して頂くことによりより魅力的な料理メニューに仕上がっています。

 

【お茶や甘味だけでなく料理にもこだわり、学べる環境がある林屋茶園目黒店!】

当店のスタッフは10代後半〜20代の若い世代のスタッフが中心ですが、みんなそれぞれカフェで働きたい!とかお茶を勉強したいという子がほとんどですが、当店で提供している料理メニューを見て、料理にも興味を持って頑張ってくれるスタッフも多いです。お茶と同じく和食も日本の文化であり、これからも注文されていくだろう業態ですので、今後もお茶と甘味に加えて林屋茶園の料理の魅力も広げていきたいと思っています。そして一緒に働いて頂ける仲間も募集しています!

そんな日本の文化を学んだり、広げていけるやりがいのある職場ですので林屋茶園にご興味ある方は是非ご覧ください!

【詳しい採用情報はこちらから!】

https://sourcier.co.jp/recruit/requirements/1295/