NEWS

【キッズパスポート】英語を自然と話すコツ「ワークショップ」

2019年4月15日 (月)

カテゴリー: ,

毎日開催されるワークショップ

Hello!! キッズパスポートです。

4月も2週が終わり、生徒さんも通常の授業が始まり新年度のワクワクも落ち着いてきた様子です。

新学年になり、新しい教科書をもらった時のちょっとした興奮!?や難しそうだな〜〜という不安が入り混じった気持ちを今の子どもたちも持っているのでしょうか?

さて、今日はキッズパスポートで毎日行っている“Workshop”(ワークショップ)

のひとつをご紹介いたします。

クッキングワークショップはお腹が空きます(笑)

 スクールでは毎日何かしらのワークショップを開催します。

サイエンス、アート、クラフト、クッキング、フォニックス等いろいろなテーマでネイティブ、バイリンガルの先生たちが考えています。

そんな中でも、“Cooking”クッキングは生徒さんに一番の人気です。

 

材料や道具を英語で確認し、先生に協力しながら一緒にクッキング!

生徒さんからも、自然と英語で質問や感じたことが口からでてきます。

“Smells good!!”

“What’s this?”

“Can I try?”

“It’s too sweet!”

“Yummy!!”

「実体験をしながら英語を身につけていく」

単語、構文、文法を学んでいくのではなく、実際の体験を通じながらその時に自然とでてくるフレーズ、単語、センテンスを繰り返し使うことで、より実践的な英会話力が身につく。と考えています。

 

もちろんクッキングのワークショップでは最後に試食もします!!

自分たちでつくったおやつは格別の味なのか、みんなペロリと食べてしまいます。

“It’s still hot!!”

“I like this!!”

“I want to eat more!!”

子どもたちが一番嬉しそうに英語を喋る瞬間です!!

そういう瞬間をいかに多くつくれるか?

が英語環境にとっては一番大事なことだと考えています。

 

後日保護者様から「先日スクールで習ったお菓子を家で作ってくれました」とお声をいただくこともあります。

英語で説明しながら、作ったのかな?(笑)

 

 

キッズパスポートでは、テキストを使わず体験するからこそ身につけられる英会話の環境を第一にしています。

毎日開催されるワークショップはもちろん、その他のレッスンにもそのような仕掛けがたくさんあります。

それはまた次回以降に紹介したいと思います。

楽しみながら英語を話せるようになる!

そんな理想の環境をキッズパスポートでは提供したいと考えています。

See you next week!!