STAFF STORY

保育園・園長


2016年入社

◾︎できるようになったこと

「園に関わる子ども・保護者・保育士。多くの人たちとの繋がりをもてるようになった」

◾︎私のソース

「子どもたちの笑顔を見ることが、保育者みんなのパワーになる」


◾︎あなたの仕事はなんですか?

ぽとふ保育園で園長として働いています。

子どもたちと保育士、保育士と保護者のパイプ役として、笑い声が多く聞こえるようなあたたかい保育園づくりを目指しています。

 

 

1、あなたのソース は何ですか?

「完璧な人間はいない」

「みんな違ってみんないい」

子どもたちやスタッフに対する時にいつも心の中に置いておく言葉です。

たくさんの個性が集まって、良い所を認めて伸ばしていく。
働くスタッフは、子どもたちから大切な事をたくさん学び、成長していけたらステキな大人になる気がします。
子どもたちにはそんな成長した保育者を見て、ステキなお兄さんお姉さんになってほしいな。と思っています。
可愛くて愛おしい子どもたちと毎日を過ごせる事に嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

2、あなたの働いている会社・職場の良さは何ですか?

ぽとふ保育園は小さな保育園です。
0才〜2才の小さい子どもたちが集まり、楽しく過ごしています

19人の子どもたちをスタッフみんなで見守り、成長をサポートしています。どのスタッフも全員の子どもたちのコトをちゃんと知っています。

 

3、忘れらない素敵なエピソードは何ですか?

泣いていた子が笑った。
食べられなかった物が食べられるようになった。
手を離してひとりで歩いた。
抱っこしなくても眠れた。
「せんせい」って呼んでくれた!大人の世界では大したコトではない事も、子どもたちとの生活では大きな喜びです。

そうした1つひとつの喜び全てが、忘れられないエピソードになっています。

 

4、どんなことが出来るようになりましたか?

ぽとふ保育園で働くようになって再確認できたこと。

それは「子どもたちとの毎日が楽しい!」
子どもたちから元気と勇気をもらってる。という事です。
胸を張って、それが言えるようになりました。

子どもたちと過ごす大切な毎日の中で、この時間・この瞬間が大好き!というコトを強く感じます。事務仕事がひと段落して保育室に戻った時に
「おかえり〜」という声と笑顔をプレゼントしてくれます。

その姿を見るたびに元気をもらい、私はこの子たちが大好き!と胸を張って言えます。
毎日、頑張る力をありがとう。

 

5、休みの日はどのように過ごしていますか?

娘から譲ってもらったミラーレスカメラ。
まだまだ良い写真は撮れませんが、それを持って出かける事が多くなりました。
あちらこちらの神社を巡っての御朱印集めにプラスして
入口の狛犬ちゃんや、建物の装飾に動物を見つけてカメラに収めています。(動物限定です)
境内はなんだか日常から遠ざかってホッとできる場所になってきています。
お寺や教会も、オシャレな建物が多いので車窓から見つけて寄り道しています。