NEWS

【ぽとふ保育園】食育体験とおやつ

2019年7月17日 (水)

カテゴリー: ,

梅雨寒な日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?海老名園園長 柳田です。梅雨明けが待ち遠しいですね。

先日ソーシエグループの中期経営方針発表会が行われました。ソーシエは、飲食事業、介護・福祉事業からなる会社です。各事業の方々と交流がもて、繋がり、知らなかったことを知ることができました。保育事業のこともより深く知っていただくことができたと思います。

今日はおやつと食育についてお話させて頂きます♪

食育とは

体と心の健康のために必要な食生活について広い分野から学び、実践につなげる教育です。

例えば、バランスのよい食事を知り、必要な食品を選んで料理ができることは生きるための大きな力になります。そして、生まれ育った場所の食文化を知り、食料の生産がどのようにされているかを知ることもよりよい食生活の基礎作りに役立ちます。

食事は単に食べるだけのものにとどまらず、病気を予防するための健康作りや食文化を継承し、相手へのマナーを知り、コミュニケーションを深める場にもなります。

食事をする時の挨拶に「いただきます」という言葉があります。これは食事への感謝の言葉ですが、それは「食べ物の命」への感謝の意味としても表現されています。そして、食事が終わる時には「ごちそうさま」という挨拶をします。これは、この食事ができるまでにたくさんの人たちが走り廻って、用意し、作ってくれたことへの感謝の意味が込められています。野菜の種を植えて育ててくれる農家の人、それをトラックにのせて運んでくれる人、お店で並べて販売してくれる人、そして買い物に行って、料理を作ってくれた人など、たくさんの人がこの食事ができるまでに走り廻って作ります。

食育は感性・知能・健康に役立つ体験学習です。食べることだけではなく、五感を刺激し、心を豊かにして、子どもにとっても、大人にとっても楽しく感じてワクワクするような発見がたくさんあります。

お散歩の目的・食育体験始まり♪

今回のお散歩の目的は、「翌日のおやつのとうもろこしを買いに行く」です。

ぽとふ保育園は6園全て0歳~2歳の子どもたちを対象にお預かりをしています。調理などの食育体験はまだ難しい年齢になりますが、買い物も立派な食育体験なんです。

今回はぽとふ海老名の2歳児クラス・きのこ組が保育園を代表として、とうもろこしを買いに行くことになりました♪

とまと(0歳児クラス)・ぽてと(1歳児クラス)のために、きのこ組のおにいさん・おねえさん達は大張り切りでとても頼もしいです!

お散歩に行く前に、先生が行き先やとうもろこしがどんな食べ物か写真を見せながら、お話をしました♪

みんないつもとは一味違うお散歩に興味津々!ワクワクが止まりません♪

おやつを作ってくれる、調理の先生にも、しっかり意気込みを伝えて、いよいよお散歩スタートです!

道行く車や草花の観察をしたり、用水路の鯉をながめながらひとやすみをし、目的地までも楽しみながら歩けるようにしています。

道中通りがかりのかたに声をかけられると、とうもろこし~と答えている子もいました。

目的地の海老名グリーンセンターに到着!!

グリーンセンターは、地元の新鮮な野菜や果物が購入できるお店です。ぽとふ保育園では、安心安全な食事のため食材は国産、地元の食材を使用しています。

お店の中に入る前に目的やお店のなかでのお約束を話します。みんな先生のお顔をしっかりとみていました。何を買うのか聞くと「とうもろこし」のほかにとまとの声もありましたが(笑)

お店の中にはいると子供たちはとうもろこしさがしスタート、キョロキョロしながらさがす姿とても可愛かったです。あった~みんなでトウモロコシの前に集合!

うれしそうに両手でかかえてかごの中にいれていました。

店員さんにくださいと元気な声で言えました。店員さんのご厚意で人数分の小さい袋をいただきました。

一人一本ずつ大事そうに持つ姿かわいかったです。

帰り道、とうもろこしを持ちながらいきとちがうみちをあるきました。消防車や救急車を見つけたりパトカーをみているとパトロール中のパトカーがライトをつけ敬礼をしてくれました。ちょっぴりつかれていた子供たちが笑顔になりました。 

園に帰り先生やお友だちに買ってきたとうもろこしを見せたり、お散歩と買い物で体験したことを嬉しそうに話しました。

五感を育む食育体験♪

これで、みんなが待ちに待ったおやつの時間~♪

っといきたいことですが、まだまだ食育体験は続きます!

  
翌日、きのこ組・ぽてと組のおともだちみんなでとうもろこしの皮むきを体験しました。

子どもが料理を手伝う過程の中で、目で確かめ、においをかいで、さわったり、音を聞いたりしながら味わうことは、子どもの五感を刺 激し、知能の発達に役立ち、食材や料理の学びの中で、バランス良い食事や、体と心を元気にしてくれる食事について確認し、そしてそれらが食生活の中で身についていくことが大切なんです。

そして、そして!や~っと、買いに行って待ちに待って頑張って皮をむき更に待ち、調理員さんが美味しいおやつにしてくれました♪

みんなが食育体験を通して食べるおやつは、いつも以上に格別のようで美味しい笑顔や話題であふれる時間に出来ました。様々な体験を通してこういった時間をどんどん増やしていきたいと思います。