NEWS

【シェフズデイサービス】園芸療法のススメ

2019年6月4日 (火)

カテゴリー: ,

皆様こんにちは。

シェフズデイサービス湘南

管理者・介護福祉士の森谷美智子です。

当店舗は鎌倉市にあります。

風情のあるお寺や街並み、おしゃれな家々の中に

急に現れる三角屋根の古民家が当施設です。

なんだかオシャレでしょ。そんな自慢はさておき

今取り組んでいることをご紹介させていただきます。

園芸療法とは・・・

日本園芸療法学会によると、園芸療法は

「医療や福祉の領域で支援を必要とする人たちの幸福を園芸を通して支援する活動」

として定義されています。

草や花に触れたり、観賞したりすることで

「エネルギーがもらえる!、癒される。」と感じた経験をお持ちの方も多いと思います。

こうした花・植物の力を医療や福祉に活用していく考えが園芸療法です。

・・・と前置きはこのくらいにして始めますか。

~湘南GREENDAY~

 

さあ、はじめるよ!

 

 

まずは5月25日のイベント~湘南GREENDAY~

これは第2回になりますがご利用者様は着替えや自前の鎌を持ってきてくださるほど

好評なイベントです。

とはいえ体力勝負。まずは草むしり。これが一番体力を使います。

昔取った杵柄!どんどんむしるよ!

園芸療法は種類にもよりますが、「運動してください」といっても

重い腰がなかなか上がらない高齢者の皆様。

しかし目的が分かりやすいと活動が効果的に作用します。

自然と体力づくりに繋がっていく事、庭がきれいになる事、一石二鳥ですね。

一方室内組は寄せ植え製作。

 

指を動かしたりどんな風に植えるか想像してみたり。

一緒に考え一緒に育てる。

楽しそうな笑顔が全てを物語っています。

 

こちらは花の選別に余念がありません。

「私はこれ」「これは〇〇という花よ」と豆知識も交えながら

普段お話ししない同士でも会話が弾みます。

気づいたら庭がこんなことに!!!

before

after

 

そして室内組も完成しました。

今年はシェフズデイサービス湘南初めての試み、

野菜の苗も植えてみました。

きゅうりとゴーヤです。

高齢者の自発的な活動を引き出す

高齢者の皆様は活動性が低下している方も少なくありません。

若いころは仕事や家事、子育てに自発的に活動しなければいけない環境に身を置いていても

ライフステージの変化とともに「自発性」が失われていく方が多いのです。

役割を喪失したことによって気力・意欲が減退しているケースです。

そんな方が畑の様子を見に行ったり、自主的に水やりをしたりすることで

自発的な活動の促進に繋がっていくのです。

他者とのコミュニケーション

 

芽吹いたスナップエンドウ

だんだん育っていく野菜や植物をみて

「豌豆は私が植えたのよ」「芽が出できて楽しみだね」

と他のご利用者様とお話しする機会が生まれます。

これは個人の活動ではなかなか得られないものです。

集団で行ったり、同じ共通点を持つことで様々なコミュニケーションに繋げる事ができ

ご利用者様の大切な笑顔を引き出す一つの役割となっております。

季節感を味わう

 

 

認知症の検査で季節を問う質問があることから季節感を感じることは非常に重要です。

実際に五感から得られるリアルな感覚に勝るものはないでしょう。

ということで「花を愛でる」事にも着目し、花を見に行ってみました。

紫陽花祭り~味彩~

普段デイサービスに通ってはいるものの

送迎の時くらいしか外に出ない・・・散歩がしたい・・・一人じゃ不安・・・

などなどの多くの声を頂きます。

シェフズデイサービス湘南から車で10分程の所に

日比谷花壇 大船フラワーセンターがあります。

6月4日、梅雨に入る前に「見る」をテーマに行ってきました。

 

 

お揃いの帽子をかぶってやってきました。

手を取り合って楽しそうな笑顔です。

 

真剣に花の名前や品種を確認して「初めて見たなぁ」と感心されているご様子です。

普段歩くのが億劫とお話しされる方々も

花の美しさには敵わないようで足の運びもどんどん早くなります。

普段お一人で生活されている方も少なくありません。

一人だったら「まあいいか」となっていることもみんなと一緒だったら

役割を見出し、積極的になれることもあるんですね。

今日のスペシャルメニュー

そしてシェフズといえば食事。

イベントの日は特別なお料理が待ち構えています。

職員も必死の仕込みです。

紫陽花祭りの紫陽花を「味彩(あじさい)」と銘打って

食事にも彩鮮やかに目でも楽しめるようにさせていただきました。

本日は紫陽花御膳。

・白身魚の鹿の子上げ~紫陽花の姿で~

・五色の彩きんぴら

・ポテトサラダの紫陽花仕立て~紫キャベツのマリネ包み~

・紫陽花色の大根漬け

・初夏の彩トマトスープ

・十六黒米の炊き込みごはん

 

シェフズデイサービス湘南では介護食アドバイザーがおります。

体調の悪い時や嚥下機能の低下がみられる方でも美味しく食べられるよう

切り方や温度などあらゆるところで

その人その人に合った方法で対応しております。

今回は園芸療法から日々のご様子、イベント内容などお届けさせていただきましたが

何より大切なのは

ご利用者様の笑顔です。

ご高齢の方々に向けていろいろな「療法」がありますが

どれをとっても

「その人らしさ」を大切に、日々過ごしていけるように努めてまいります。