NEWS

【キッズパスポート】スクール設備のご紹介

2019年5月13日 (月)

カテゴリー: ,

長いようで短い?!?GWも終了

Hello!!  Kidspassportです。

10連休のGWが終わり、また通常の生活に戻り1週間が経過しました。

Kidspassportでは、連休明けで生徒さんたちに

“Where did you go?”(とこに行ったの?)と聞くと、

 

“I went to ~~.”(〜〜に行った!)、”I did ~~.”(〜〜をした!)、”I ate 〜〜.”(〜〜を食べた!)

 

などいろいろな答えが返ってきました。

それぞれにこのGWにいろいろな思いでを作ったようですね。

 

今週のブログはキッズパスポートの施設のご紹介をいくつかしたいと思います。

約3年前にOPENしたキッズパスポートですが、はじめてのスクール運営にあたり、いろいろなアイディアを出しながらスクールの内外装を作り上げました。

英語オンリーの環境でもストレスを軽減してくれるような暖かい雰囲気。

この部屋の中では英語を話すのが当たり前、と思えるような外国に来たような内装。

毎日通いたくなるような楽しさを感じられる空間。

英語のレッスンに適した部屋割りや調度品の配置。

子ども達が快適に1日が過ごせる空間。

いろいろな専門的な知識をもった方達の助力によって、たくさんのアイディアを盛り込んだスクールです。

外観はKidspassportのテーマカラーである「赤」と「青」をメインにした扉と大きなガラス窓が印象的です。

入り口につるさがっている大きなサインは夜になると遠くからでもキッズパスポートだとわかるようにスクールの入り口を照らしてくれます。

赤いドアを入るとカウンターがあり、先生達と挨拶をします。

みんな元気にHello!!

と登校してくれます。

この赤いドアからスクールに一歩入るととそこからは全て英語オンリーでの会話となります!

体温チェックやファイルを渡して、手を洗ってからいよいよレッスンスペースへ入っていきます。

いよいよレッスンスペースへ!今日はどんなレッスンがあるかな?お友達とどんなことを話そうかな?とワクワクしてもらえるようなエントランスになるようにと作りました。

とその前に、靴を履き替えてもらいます。

左に見える“Shoe locker”(下駄箱)は生徒さん一人一人に専用のロッカーを用意

最近の小学生の荷物は本当に多いです。

重すぎるランドセル問題」ということで国もその負担軽減のために動き出している問題でもあります。

 

それに加えて、毎回スクール用の上履きを持ってきてもらうのは大きな負担になるので、生徒さん全員が「靴を置いておける」Shoe Lockerができました!!

その後、ランドセルや手荷物を置いてレッスンに入っていきます。

スクールのレッスンスペースは、仕切りがない大きな一つの部屋です。

レッスンや人数に応じて大きなホワイトボードで仕切りながら、レッスンを行っていきます。

 

机を並べて学校の宿題を終わらせる。

床に英単語のカードを並べてゲーム。

様々なテーマに沿って行われる英語のワークショップ。

Monthlyで変わるストーリーの発表。

おやつや夕食。

最大夜9時まで過ごす時間の中で、いろいろなシチュエーションに応じてスクールの設備を使用できるようにしています。

用途に応じていろいろな移動がありますが、生徒さん達が率先してお手伝いをしてくれます。

先生のヘルプをしてくれたり、お兄さん・お姉さん生徒さんが新しく入った生徒さんのお手伝いをしてくれる風土もあり、とっても頼りになる存在です。

もちろんすべて英語での会話となり、その会話は毎日同じようなシチュエーションに出会えるため、自然と繰り返し使う単語やフレーズが多くできてます。

その中から生徒さん達も自然と英語を吸収していき、身につけていくことができます。

 

また1日の中で5〜10分程度の清掃もあり、生徒さんが中心となっていつもスクールを綺麗に保ってくれています!

ありがとう!!

みんなで使うスペースだから、みんなで綺麗にしよう!いつも綺麗な状態で気持ちよくレッスンをしよう!

設備を使う生徒さん達の愛情や気遣いもこもったこの3年間。

これからも綺麗に、より使いやすく、より過ごしやすいスクールを目指していきます。